福島 会津東山温泉向瀧 雰囲気に浸る文化財の向瀧
福島 会津東山温泉向瀧 文化財の宿
福島 会津東山温泉向瀧 生き続ける時空間
福島 会津東山温泉向瀧 はなれ浴室大修復
福島 会津東山温泉向瀧 歴史
福島 会津東山温泉向瀧 雪見ろうそく
福島 会津東山温泉向瀧 桜開花情報
福島 会津東山温泉向瀧 平面図
福島 会津東山温泉向瀧 ライブカメラ
福島 会津東山温泉向瀧 優先予約予約状況
【まだ旧バージョン項目】





Google
 サイト内
 天気情報
 地図情報
 交通情報

凛とした建造物 日本のたたずまいを未来へ

江戸中期から存在していた向瀧・その木造建築の見どころとは、、、

登録文化財制度の第一号物件として登録された向瀧。
その日本建築の特徴を、【NHK美の壺・file164・和風旅館】風に、まとめてみました。
献立
千鳥破風の屋根を持つ玄関が、やわらかな空気の入り口です
福島 会津東山温泉向瀧 壱のツボ 部屋までの道行きに仕掛けあり
福島 会津東山温泉向瀧 弐のツボ 疲れを癒すほのかな明暗
福島 会津東山温泉向瀧 参のツボ 大広間は天井に格式あり
福島 会津東山温泉向瀧 四のツボ ふぞろいの客室に美学あり

▲ページの先頭へ

福島 会津東山温泉向瀧 生き続ける時空間

福島 会津東山温泉向瀧 壱のツボ 部屋までの道行きに仕掛けあり
福島 会津東山温泉向瀧 壱のツボ 部屋までの道行きに仕掛けあり

伝統的な日本建築の粋を集めた建物には、見て楽しみ、漂って楽しむように、空間が設計されています。千鳥破風の玄関から客室に向かう廊下を歩くと、苔むした空間、中庭と廊下の織りなす非日常の世界が、広がります。 特に冬の時期は、雪見ろうそくの幻想的な世界が、客室までの回廊でもお楽しみいただけます。 回廊には、数寄屋造りの特徴である材料の素地を生かした、木の美しさを見ることが出来ます。右下の写真に写る軒桁は、節目と割れ目のない良質の長い杉の木を使用しています。 数々の階段や、飾り窓など、玄関から部屋までの短い旅路には、向瀧ならではの遊び心がいっぱい込められているのです。

▲ページの先頭へ

福島 会津東山温泉向瀧 生き続ける時空間

福島 会津東山温泉向瀧 弐のツボ 疲れを癒やすほのかな明暗
福島 会津東山温泉向瀧 弐のツボ 疲れを癒やすほのかな明暗

客室に足を踏み入れると、ほのかな光に心が和みます。 外からの光を障子や欄間が光を和らげます。 滞在時間をゆったりとした、くつろぎや安らぎをご提供出来るように、客室はほのかな優しい明るさになるように設計されています。 風通しや明かり取りのための欄間も、客室の明暗を演出する重要な存在です。 和風旅館の欄間には変化に富んだデザインが施されています。 その部屋名に因んだ透かしデザインや、幾何学模様に組んだもの、竹などの自然素材など、心地よい陰影を刻みます。 旅人が心と体を休めるために、光に気を配り、ほのかな明暗に包まれた客室をつくっていたのです。

▲ページの先頭へ

福島 会津東山温泉向瀧 生き続ける時空間

福島 会津東山温泉向瀧 参のツボ 大広間は天井に格式あり
福島 会津東山温泉向瀧 参のツボ 大広間は天井に格式あり

日本旅館では、明治ごろから宴会の場として大広間が造られるようになりました。 大きな床の間を設け、季節ごとの大きな掛け軸や、美術品などが飾られます。 格天井(格子状の天井)は、古くから寺院や城に用いられたスタイルで、その部屋の格の高さを示すものでした。向瀧大広間の格天井は、それぞれの格子の中に、会津の特産品である良質の桐材を使用した、畳半畳ほどの一枚板をはめた豪勢な造りです。 また、宴を華やかに盛り上げるために作られた舞台は、檜材でくみ上げられた、文字通り「檜舞台」です。数々の歴史的な宴がおこなわれた大広間、1992年4月25日には、4極通商サミットの晩餐会もおこなわれ、世界経済の檜舞台として、その大役を果たしました。

▲ページの先頭へ

福島 会津東山温泉向瀧 生き続ける時空間

福島 会津東山温泉向瀧 四のツボ ふぞろいの客室に美学あり
福島 会津東山温泉向瀧 四のツボ ふぞろいの客室に美学あり

江戸時代の中期から存在していたといわれている向瀧、現在24室ある客室は、すべて異なる造りになっています。 多くの皇族方をお迎えしたはなれの間をはじめ、桐材など材料に因んだこだわり、客室名にあわせた細工、、こじんまりとして落ち着くと人気の中庭向きの客室など、お客様のお好みに対応するために、さまざまなタイプをそろえております。 また、季節によってお好みを変えるお客様も多く、「桜に時期はこの部屋で、雪見ろうそくはいつもの部屋」というお客様も少なくありません。 それぞれに秘められた大工職人の心を感じてみてください。

▲ページの先頭へ